日本自然保護協会とのコラボレーションモデルを発表

公益財団法人日本自然保護協会(会員約2万4千人、理事長:亀山 章)は、田村駒株式会社が主催するイイカモ・プロジェクトと連携し、カモフラージュの制作に取り組んできました。

この度、日本自然保護協会の活動地のひとつ「赤谷の森」(群馬県みなかみ町)に生息する動物たちをモチーフにしたカモフラージュ「AKAYA’S ANIMALS」が誕生。絶滅の危機にあるイヌワシやクマタカなど、日本自然保護協会がその保全活動に力を注ぐ希少な動物たちとともに、赤谷の森の地図をあしらうなど、こだわりのデザインにしあがっています。

カモフラージュの活用は自由自在。日本自然保護協会でも活動に活かしていく検討を進めています。

イイカモは、収益の一部を公益財団法人日本自然保護協会に寄付させていただきます。

公益財団法人日本自然保護協会

イイカモ

カモフラはもっと自由で、もっとユニークでイイカモ☆ 自然への尊敬と愛情を込めて、動物や自然などをモチーフしたカモフラージュを発信するブランドとして、2012年に誕生しました。コロンビアスポーツやウルトラマン等、様々なパートナーと共にユニークでハッピーなイイカモを実現しています。これからもイイカモに賛同してもらえるパートナーとイイカモ(good camouflage)を作り続けていきます。